LOODY | 京都メイクアップ&フォトスタジオ

メイクを変える、メイクで変わる。

〒600-8433
京都府京都市下京区繁昌町300-1
カノン四条室町307
Tel075-757-6124
営業時間:10:00-19:00

スタッフBlog

【簡単】眉毛の描き方説明【写真あり】

 

 

皆さんこんにちは。青野です☺️
今回は多くの方が苦手とする眉毛の描き方について書いていきたいと思います♪

ざっくりにはなりますが、ご説明させて頂きます♪

 

今回使用するのは、たった2つの道具のみ!

■アイブロウパウダー
今回はケイトのアイブロウパウダーを使用。

■SATOEオリジナルアイブロウブラシ
アイブロウブラシの詳細はこちらから。

 

使用する道具

アイブロウブラシのロゴが削れやすくなっています(涙)
ご注意下さいませ。

 

 

では、スッピンの眉の状態からSTART
眉育を頑張っているのですが、まだまだ理想の眉毛にはほど遠い状態です…。

眉毛の描く前にチェックするポイント

・眉毛の中にファンデーションを塗っていますか?
・眉毛がベタベタの状態ではありませんか?
・眉毛はパウダーなどでマットにする。

眉毛の中にもファンデーションを塗り、その後パウダーなどでマットにすることで、描きやすく・落ちにくい眉毛になります♪

 

毛の向きがバラバラになっている場合は、コーミングをして毛流れを整える。

 

眉頭・眉山・眉尻の3点のポイントを決める。
今回は平行眉なので、ほぼ平行に繋げてパウダーで太さを作る。

 

足りない部分を1本1本、毛流れを意識して足していく。
※ペンシルを使用する場合も同様です。

注意するポイント

・塗り潰さない。
・描き込み過ぎない。
・眉頭が四角にならないようにする。

塗り潰したり、描き込み過ぎることによって立体感が失われてしまいます。
また、眉頭が四角になると男性的になるので注意して下さい!

 

毛が一番集まる部分に、さらにパウダーを足す。

眉毛にもグラデーションを作って立体感を出しましょう!

 

 

完成

まばらだった眉毛でも、自然な眉毛を描くことができます!
目より眉毛が大きい方が(横幅)顔の余白が減り、小顔効果がありますよ♪

 

 

道具は色々ありますが、何度もオススメしているこのアイブロウブラシが描きやすい✨

お客様にも大好評のようで嬉しいです✨
物販の郵送にも対応しております☺️

 

 

オンラインレッスン始動中♪

パーソナルメイク

 

トレンドメイク

 

セルフヘアアレンジ

 

 

LOODYのFacebookはこちらから

 

サロン休業中も、ホームページからオンラインレッスンご予約・先のご予約など承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい♪

 

 

青野里菜

ヘアメイクアップアーティスト 青野 里菜

Copyright© LOODY | 京都メイクアップ&フォトスタジオ , 2020 All Rights Reserved.