オーディションノウハウ オーディション撮影

自宅で全身写真を撮影する時の注意点

オーディションに応募する書類の中で最も重要といって良いのが、写真です。
私たちが実際にモデル事務所などから聞くお話でも、写真が合否を決めることは少なくない、むしろ多い。というものでした。

いかにオーディションを受ける際に写真が重要かということです。

自宅で撮影する時は、背景がシンプルなスペースを探しましょう。
背景がゴチャゴチャしていると、人物が分かりにくくなっていまいます。

全身写真は体型を見せる為のものです。
その為正確に体型を見せる為におへそあたりの位置から撮影します。
この位置が最も体型がわかりやすく見える撮影位置と言わています。

テル撮影例1

ご自身で撮影することも可能ですが、友人や親御さんに撮影してもらう方も多いです。
その際撮影位置がズレてしまったり、足が少し短く見えてしまったり、体型は見えるけれど顔が影になってしまったりとなかなか納得いく写真が撮れないことも多いと思います。
下から撮りすぎると足は長く見えますが、顔も長く見えアンバランスです。これでは本当のスタイルが審査員に伝わりません。

テル撮影例

下から撮ってしまう逆のNGパターンが、上から撮りすぎる。
顔も大きく見え足も短く見え審査員に良くない印象を与えてしまうかもしれません。

テル撮影例3

最近では足を長く見えるようなスマートフォンアプリなどで撮影される方も多いようですが、審査員は写真を見慣れているので大抵はわかってしまいますのでマイナスイメージに繋がってしまう恐れもあります。
前回の記事でもお話ししましたが、もちろんプリクラは絶対にNGです。

一人一人美しく見える角度や表情などは異なります。
LOODYでは1番美しく見えるポイントを素早く見つけ、魅力を最大限に引き出す撮影、ヘアメイク技術を持っています。

次回は【写真スタジオで撮影するメリット】についてお話します!

Copyright© LOODY | 京都メイクアップ&フォトスタジオ , 2019 All Rights Reserved.