免許・パスポート写真撮影

堂々と出せる免許証のメリット

あまりにひどい写真で、見せたくない方。
笑いのネタにまでなっている方、結構おられると思います。
というか、運転免許証の写真なんて笑われるほどひどい写りをしているのが「あるある」ですよね。
わたしも友達の免許証で何度笑わせてもらったことか…笑

笑われる

なのに、意外と出す場面が多いアイテムなんですよね。

そこで恥ずかしい思いをしたり…
何となく堂々と出せなかったり。

別に見られなければ、何ら困らないと思います。

変な写真の免許証は、『穴の空いた靴下』や『ハゲかけのネイル』のようなものなんです。
一応役目は果たすけど、清々しくはない上に結局見られてしまったら恥ずかしい思いをする。

逆に、納得いく写真の免許証だったら、全く躊躇せずに堂々と人に見せることができます。
納得の一枚の効果は、極論、持つ者にしか分からないかもしれません。

ちなみに私ごとですが、以前免許証をスーパーマーケットで落としてしまい、警察署に届けられるということがありました。
「やっちゃったなぁ~!」という落としたことへの反省はあったのですが、LOODYで撮影したバッチリ写真の免許証だったので、「あの写真が他人の目に触れるのか~!」という恐れは全く無かったです。むしろ、「良く撮れてるんで見ておくれ」くらいに思ってたかもしれない(笑)

そんな写真だったからこそ、拾われて、さらに親切に警察にまで届けていただけたのだろうと勝手に妄想しています。(あくまで個人の見解です)

Copyright© LOODY | 京都メイクアップ&フォトスタジオ , 2019 All Rights Reserved.